精力に必要なアルギニン摂取には何が重要?食品&食べ合わせガイド!

20151108-1-2

アルギニンは、血管の拡張機能で勃起力を底上げし、疲労に強い体を作るため夜の生活にも欠かせない栄養素です。精液の生産にも関わるため、効率よく摂取する必要があります。

アルギニンは疲労回復に効果大!でも使えば使うだけ失われる?

アルギニンは成長ホルモンの材料となり、免疫力の向上やたんぱく質の合成、細胞分裂による肌の生まれ変わりに大きな役割を果たしています。その分日常的にも消耗しやすい栄養素でもあり、疲労の回復にも使われるため失われやすいのも特徴の一つです。体内でも生産が出来る栄養素ですが、栄養が足りないと生産が追い付かない事も多く、疲れが抜けず、病気をしがちになるだけでなく、

精子の量がみるみる減ってしまう場合があります。

そうです、毎日作られるたんぱく質の中には、精子も含まれており、精力とも深くつながった栄養素なのです。

アルギニンが含まれている食品は意外と多い?使った分は食べて補う!

疲れやすくなった、精力に自信が無くなってきたときにはアルギニンを多く含んだ食品を食べるのがお勧めと言えます。日常的に接する食品にもアルギニンを含んだべ物は多くありますが、ストレス化社会による精神的な疲労も含めて体内のアルギニンが失われるケースが多いため注意が必要です。

折れた心のようにペニスが勃起しない理由になる事もあるのです。

ただし、栄養ドリンク類はカフェインなどの利尿効果で排出も早くなる可能性があるため、気を付ける必要があります。

アルギニンが多く含まれる食べ物には大豆を使った食品があげられます。特に豆腐や納豆、味噌などは効率的な摂取に欠かせない食品です。また、マグロや鶏の胸肉、エビ類にも豊富に含まれています。ゴマにも豊富に含まれるため、薬味に使うのも方法です。

食べ合わせの工夫で、夜の生活にも活力を与える!!

ストレス源が多く、疲労もたまりがちな場合は食べ合わせも工夫する必要があります。例えばマグロでもただ刺身で食べるのではなく、叩いてネギトロなどにするのも方法なのです。マグロにはアルギニンが含まれていますが、吸収率を上げるためにはある程度たんぱく質を壊す必要があり、叩いたものの方が消化にもやさしいのです。

ネギトロに納豆や長芋も加えれば、アルギニンの吸収率はさらに高まります。長芋のとろみがアルギニンを包み込み、逃さないように作用するのです。ニンニクや瓜科の植物に含まれるシトルリンと合わさると相乗効果が生まれるため、鶏むね肉のステーキをニンニク醤油で食べるなど、

ガツンと食べる事で勃起力にガツンと効くケースも多くあります。

また、トマトやレモンなどのクエン酸を含む食品ととると、アルギニンを含むアミノ酸の摂取効率がさらに高まります。アミノ酸はたんぱく質の生成に必須のため、精子の量を増やすためにもおさえておきたいポイントです。


精液を増やしたい方、勃起したい方必見!

精力ギンギン丸
勃起しないことに悩み続けた私だからこそ、あなたの悩みが痛いほど分かります。


精力剤ランキング
どれを選べば良いか分からないという方へ。風俗で313万円、精力剤で127万円以上使った、精力力ギンギン丸が選んだ精力剤ランキングはこちらです。


クラチャイダムゴールド
あの中学生・高校生のときの強力な勃起効果が得られるサプリメントです。健康サプリメントなので、副作用も無く安全です。直近のクラチャイダムゴールドのレポートはこちら
↓フル勃起が出来るクラチャイダムゴールドはこちら



海乳EX
精液が増える、セックス2回戦が可能、射精時が気持ちよいなどの効果が得られるサプリメントです。100万袋突破と、安全面でも保障されています。直近の海乳EXのレポートはこちら
↓亜鉛効果で精液が増える海乳EXはこちら
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】