男の活力は男性ホルモン(テストステロン)にあり?精力増強の3つの生活習慣とは?

20151108-1-1

性欲や睡眠の状態のコントロールだけでなく、やる気など様々な面に影響する男性ホルモン(テストステロン)。しかし知っていますか?男性ホルモンは30代以降は徐々に減少するものです。若々しさを保つためにも運動や食事習慣で計画的に増やしていことが重要です。

長すぎる運動はNG?!適度な運動と睡眠が男性ホルモンを増やす!!

男性ホルモンは闘争心を掻き立て、やる気を生み出し、人を孤独にも強くする効果がある事が知られています。睡眠の質などにも関係するだけでなく、筋肉の増強や精力の増進に密接にかかわっており、タフな男に欠かせない物質と言えます。

男性ホルモンの中でもテストステロンは男性機能と直結する部分が多く、SEXの持久力や、ドピュンと飛び出る精子の発射力に大きくかかわってきます。

一方で、ストレスを受けると男性ホルモンの分泌が抑えられ、低下することも知られており、1時間を超えるような長時間の運動や、日常のストレスでも減る可能性が指摘されています。適度な運動と十分な睡眠で増える事も解明されているため、じっくり眠って疲労を持ち越さないことも重要です。

アスリートが夜に強いのは競争環境にあり!!危険な香りがテストステロンを増やす!!

プロスポーツ選手など、アスリートが夜に強いのは周知の事実ですが、長時間のトレーニングでテストステロンが減らないのか疑問に思うはずです。その疑問を解決するヒントは、アスリートが勝負の世界に居る事にあります。

実は、テストステロンは、競争や戦いと深いかかわりがあり、勝負事が関わると大きく分泌されるようになっているのです。ギャンブルなど、リスクとスリルがある事もテストステロンの分泌を促す事で知られており、危ない男、野性的な男がモテるのは男性ホルモン、特にテストステロンの分泌が豊富だからと言われます。危険なリスクスクを避けるのではなく、率先して引き受ける男は、夜の世界でのモテ度にも直結してきます。

女性との関係や交流が深く、広いほどテストステロンの分泌量が増える事も証明されており、モテがモテを呼ぶサイクルにもつながるのです。

テストステロンを増やす食事は肉食系!!脂肪も避けないのがポイント!!

運動や睡眠の確保が難しい場合は、食事で補う方法もあります。テストステロンは脂肪分を摂取すると増えることでも知られており、中でもたんぱく質を同時に摂取できる肉類がお勧めです。栄養豊富で脂肪分も豊富なアボカドもお勧めの食べ物で、肉との食べ合わせを行えばさらに効果がアップします。

他にもニンニクやネギといった根菜類も男性ホルモンを効率的に増やすために欠かせない食材です。ブロッコリーやカリフラワーも食べ合わせが良い事で知られており、これらの食生活を実践することで、

発射力もドピュンから、ドッピュ――ンドバドバ!!

と、格段にレベルアップする可能性があるのです。


精液を増やしたい方、勃起したい方必見!

精力ギンギン丸
勃起しないことに悩み続けた私だからこそ、あなたの悩みが痛いほど分かります。

精力剤ランキング
どれを選べば良いか分からないという方へ。風俗で313万円、精力剤で127万円以上使った、精力力ギンギン丸が選んだ精力剤ランキングはこちらです。

海乳EX
精液が増える、セックス2回戦が可能、射精時が気持ちよいなどの効果が得られるサプリメントです。100万袋突破と、安全面でも保障されています。直近の海乳EXのレポートはこちら
↓亜鉛効果で精液が増える海乳EXはこちら
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】

クラチャイダムゴールド
あの中学生・高校生のときの強力な勃起効果が得られるサプリメントです。健康サプリメントなので、副作用も無く安全です。直近のクラチャイダムゴールドのレポートはこちら
↓フル勃起が出来るクラチャイダムゴールドはこちら