全く効果無し?オットセイの精力剤としての効能や副作用は?

20160120-1-06

オットセイ、それは精力のつく食材として有名です。昔からオットセイの粉末が精力剤として使われていたことは有名です。特にペニスや睾丸は精力がつくとして今でも重宝されています。現在でもオットセイと言えば、数々の精力剤に使われています。特に勃起材や強壮剤として使われていて、その精力剤としての効果を見込まれています。

しかし私は昔から疑問がありました。

オットセイって本当に精力剤として効果があるの?

あなたは本当にオットセイって精力剤としての効果があると思いますか?私は思いません。だってオットセイが何で精力剤としての効果があるのか、分からないからです。そんな中、勃起剤や強壮剤としても効果があるとか言われても、信じられないからです。昔から精力剤として使われていると言っても、精力剤としての効果があるのはほんのひと握りです。そんな中にまたオットセイという、またあやしい食材が…あなたも一度は思っているはずです、オットセイはあやしいと。

精力剤にも、精力ドリンクにも入っているからって精力剤としての効果があるとはどうも思えないのが私なのです。もうね、昔から精力剤としての効果があるとか言うあやしい食材は全部調べてみましょう。

ということで今回もあやしいオットセイの精力剤としての効果・効能を解説します。

オットセイの歴史や現実

20160120-1-02

オットセイはハーレムを作る事で有名な動物で、一匹のオスが数十匹にも及ぶメスを独占することでも知られています。その精剛ぶりは昔から知られており、中国では漢方薬の材料として使われていました。

日本で食用にされた歴史は意外にも古く、縄文時代の貝塚からオットセイの骨の化石が見つかっています。また、精力剤として徳川将軍家へ献上されたと言う記録もあります。現在ではオットセイを食用にする文化は余りなく、北極圏の人達が近縁種であるアザラシを食べている程度です。アザラシでもハーレムを作る種があるのはあまり知られていません。日本などで食用肉として出まわる事もめったになく、需要もほとんどないのが特徴です。

オットセイは数十匹にも及ぶメスを独占するとは、何と羨ましい生活を送っているのでしょう、その性質を聞く限りもしかして効果がありそう?

オットセイの効果・効能とは?

20160120-1-03

オットセイはハーレムを作る動物であり、その精力絶倫ぶりから性の付く食材とされ中国では古くから漢方としても活用されてきました。特に、そのペニスや睾丸の効果は強力とされ、珍重されています。ただし、オットセイだけでなく、ハーレムを作るアザラシも同じ漢方の材料として使われています。オットセイは徳川幕府に精力増強や強壮効果があるとして献上されていたことでもわかるように、精力剤としての効果が期待できると言われています。

特に、オットセイのペニスや睾丸は、勃起不全の薬としても知られていました。また、体を温める効果が強いと言われ、冷え性対策としても使われていました。特に北極圏で生活するイヌイットの生活にアザラシが欠かせない事からもその効果が良く分かります。その他の効能としては、疲労回復や、神経痛に効果があると言われており、江戸時代の津軽地方(現在の青森方面)でも、オットセイの成分を主成分とした薬があったほどです。

オットセイの勢力を見ているとそのペニスや睾丸はかなり効果の期待が持てそうです。話を聞く限りかなり期待が持てそうです。

オットセイの成分とは?

20160120-1-01

オットセイの成分として代表的なのが、カロペプタイドです。これはオットセイの筋肉に含まれる特有のたんぱく質であり、オットセイと近縁のアザラシなどにしか含まれていない成分です。カロペプタイドには血管を拡張し、新陳代謝を高める効果があると言われています。

また、オットセイには人間に必要な必須アミノ酸が豊富に含まれており、中でも勃起力や精力とかかわりの深いアルギニンや、興奮を高める効果があるフェルアラニンなどの成分が多く含まれています。つまり、血管の拡張と興奮を高める効果により、勃起力の向上や、ムラムラ感のアップに期待が出来るのです。漢方に使われるペニスや睾丸にも、男性ホルモンの活性化を促す成分が含まれる事がわかっています。

うおおおおおぉぉぉぉ!来ました!カロペプタイドとかいう謎の成分がオットセイに入っているということが分かりました。更に他の精力の成分まで豊富に含まれているなんて…何て凄いんだ!オットセイ!

オットセイの副作用とは?

20160120-1-05
オットセイやアザラシには副作用が無いと言われています。これは、オットセイやアザラシを食べる事が非常に難しい事や、量を食べられない事があげられます。また、仮に副作用があるとすれば、アザラシを主食にする北極圏のイヌイットは平均寿命が極端に短いなどの特徴が出るはずです。しかし、イヌイットの統計では心臓病の患者が少ないなど、かえって健康に良いデータが含まれており、副作用と言えるものの明確なデータをとる事が出来ないのです。

この事からもオットセイの安全性が高い事がうかがえます。イヌイットが通常行わないような、オットセイを使った漢方やオットセイ由来のサプリメントを大量に摂取すれば副作用がおこる可能性がありますが、オットセイで作られた漢方薬は非常に高価です。オットセイが含まれた漢方薬は、100グラムで数万円するのが相場で、時期によってさらに高くなることも有ります。そのため、大量摂取は現実的ではないと言えます。

これだけ読むと、イヌイットは生まれながらにして精力ギンギン丸なんですね。なんて羨ましいんだ!

オットセイを摂るにはサプリメントで

20160120-1-07

オットセイの成分から精力を摂るにはサプリメントがお勧めです。まず、オットセイとその近縁種であるアザラシの肉は貴重でなかなか手に入らないものです。手に入っても、味や香りに癖が強い事から全く食べられないと言う人もいます。漢方薬も万単位となり、高すぎて日常的に使うのは困難と言えます。

そのため、オットセイを摂るならば、オットセイを使ったサプリメントが一番現実的な選択肢と言えるのです。サプリメントと言っても、オットセイはわずかな量しか含まれないのが通常です。同様の成分を持つアザラシもそれほど数が取れないため、サプリメントでもオットセイ以外の成分の方が主役になっていることが多いのです。直接的な効果を期待するよりも、気分を上げるために使うのが適切と言えます。

やはり精力剤としての効果があるものは、お金がかかるんですね…流石に漢方薬で数万円するのはキツイですよね。

オットセイの効果・効能や副作用まとめ

20160120-1-08

オットセイは摂取すると、カロペプタイドによって勃起剤としての効果があります。またアルギニンや、フェルアラニンなどの成分により、ムラムラ感が増します。更にその精力ギンギン丸のオットセイのペニスや睾丸によって、勢力を促す男性ホルモンも持っていて精力剤として絶大なる効果を発揮します。つまりオットセイは精力剤としての効果があるのです。私の想像は間違っていましたね。

しかし、オットセイ自体の値段が高いために、オットセイを直接摂取することは難しいです。漢方薬でもオットセイを含んでいるだけで万単位の費用がかかるためにオットセイを摂ることは難しいです。オットセイ自体を食べようとしても、どこにもオットセイが売っていないのが現状です。

そのため精力剤としての効果をオットセイから摂る場合は、オットセイを使ったサプリメントが一番コストパフォーマンスから見て効果があると言えます。

うん、私もサプリメントでオットセイを摂りたいと思いますね。それにしても私もオットセイとして生まれたかったなぁ…


精液を増やしたい方、勃起したい方必見!

精力ギンギン丸
勃起しないことに悩み続けた私だからこそ、あなたの悩みが痛いほど分かります。


精力剤ランキング
どれを選べば良いか分からないという方へ。風俗で313万円、精力剤で127万円以上使った、精力力ギンギン丸が選んだ精力剤ランキングはこちらです。


クラチャイダムゴールド
あの中学生・高校生のときの強力な勃起効果が得られるサプリメントです。健康サプリメントなので、副作用も無く安全です。直近のクラチャイダムゴールドのレポートはこちら
↓フル勃起が出来るクラチャイダムゴールドはこちら



海乳EX
精液が増える、セックス2回戦が可能、射精時が気持ちよいなどの効果が得られるサプリメントです。100万袋突破と、安全面でも保障されています。直近の海乳EXのレポートはこちら
↓亜鉛効果で精液が増える海乳EXはこちら
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】