だから価格が高かった!ED治療薬に保険は適用されないの?

20151227-3-1

あなたはED治療薬って保険が適用されないって知っていますか?私も最近知ったのですが、聞いて納得です。だってED治療薬って1錠あたり、1000円以上するので「何でこんなに高いのだろう…」といつも不思議に思っていたからです。

でもなんでED治療薬に保険は適用されないのでしょうか?

その答えはED(勃起不全)は病気と認定されていないためです。だから病院で処方されても保険が効かない、自己負担となるのです。世間ではEDは病気だとか色々と論争が起きていますがこれが現状です。本当にこれは辛いですよね、生まれ持った性質なのにそれが病気と認められないから保険の適用外になるなんて…あなたはこのED治療薬の価格から、とにかく安いED治療薬をどこかで購入出来ないかと探したことはありませんか?しかし病院以外で購入するとそこには様々な危険が多いので、非常に注意しなくてはいけないことが多いのです。

様々な論争を呼んでいるED治療薬に保険が適用されない状況。そのことに対して、あなたが不思議に思うことを調査しましたので是非とも参考にしてください。

一般的なED治療薬には保険が適用されないと言うのは本当か?

20151227-3-2

ED治療薬が保険診療に該当するかどうかで悩む人は多くいますが、残念ながらED治療は保険診療の対象外です。つまり、病院で診察を受けて処方を受けても、その全額を負担しなければならないのです。保険がきく場合の医療費は一般的に3割負担となっているため、非常に金額が大きくなることがわかります。これはEDが病気と認定されていないためで、ED治療を受けるために非常に大きな壁となっています。ED治療を保険診療にするための運動は過去に何度も行われていますが、まだ結果に結びついていない状態なのです。

そのため、ED治療薬は非常にお金がかかると言うイメージがあります。実際にED治療薬は1錠で1000円単位と値段は高くなっています。一回勃起するかどうかを試すだけでそれ位するのかと思う人もいますが、実際はED治療薬を使用後に自然と回復傾向に向かう人や、長く効果が続くED治療薬も開発されているため、使い方などで費用はかなり変わります。

ED治療薬が保険対象にならないのなら、市販の薬でも一緒なのか?

20151227-3-3

保険診療が効かないのであれば、市販の薬でも変わらないのではないかと思う人がいますが、ED治療薬は市販されることがないものです。処方には必ず医師の診断が必要になるため、薬だけ買うという事は出来ないのです。そのため、市販で手に入るED治療薬は実際にはED治療薬とは別の物で、精力剤やサプリメント、健康食品に当たります。

本物のED治療薬が販売されていた場合は、薬事法に違反している可能性があるため注意が必要です。通販などでも見かける機会も多くなっていますが、ほとんどは偽物で、通販ではなく他の国からの個人輸入で買い付けているものが中心となります。正規代理店の薬を販売していることもありますが、間に必ず複数の業者が入るため、本当かどうかの見極めは素人では難しくなっています。偽物であることの証明は難しい上、個人輸入は自己責任が基本のため、被害にあっても泣き寝入りになるケースも多いのです。

ED治療薬が高いならジェネリック薬品で少しでも安くできないか?

20151227-3-4

ED治療薬は保険が適用されず、高額になる事が特徴ですが、ジェネリック薬品も存在します。それがバイアグラのジェネリック薬品であるシルデナフィルです。シルデナフィルとはバイアグラの主要成分の名前で、薬品の特許が切れたことから日本のメーカーでも製造可能になったものです。シルデナフィルはバイアグラの3分の2ほどの値段で買えるため、かなりの節約になります。

ただ、注意したいのが、バイアグラの効果時間です。バイアグラはそれほど効果が長くなく、最新のED治療薬は効果時間が数倍の物もあります。効果時間と値段で考えた場合は、シルデナフィルでも高く感じる可能性があるのです。ED治療薬は体質と薬の相性による効果の実感度が全く違ってくるため、どれがいいかは試さないとわからないケースも多くあります。ED治療薬を選ぶ際は、安さよりもコストパフォーマンスで考えた方が、お得感が増す可能性もあります。

ED治療薬に保険が効かないなら、副作用が出た場合はどうすれば?

20151227-3-5

ED治療薬が保険の適用外となってしまうとなると、実際に服用して、副作用が出た際の対応がどうなるか不安になる人もいるはずです。万が一ED治療薬で副作用が出た場合、ED治療のために病院で処方された薬であれば、ある程度保証されるようになっています。保険制度の中には、医療機関で処方された薬をつかって副作用が出た場合、治療費を一部負担してくれる制度があります。つまり、保険適用外の薬であっても医師に処方された薬であれば、副作用で治療を受けても医療費が安く済むのです。

医師の治療が必要なほどの副作用はめったに出るものではありませんが、副作用に関しては保険が適用されるのです。ただし、注意点もあり、薬を使用上の注意を守って使用した上での副作用のみとなります。アルコールで複数のED治療薬を一気飲みした際等は、対象外になってしまいます。くれぐれも用法と用量を守る事が大切です。

ED治療薬のシアリスが保険適用になったと言うのは本当?

20151220-1-5

2014年の1月にED治療薬であるシアリスが保険適用になったと話題になったことがありますが、これは誤りです。正確にはシアリスと同じ成分で出来たザルティアと言う薬が、前立腺肥大に有効と言う事で保険適用になったのです。では、ザルティアを医師に処方して貰えば保険が適用されるかと言うと、ED治療自体が保険とは関係がないため、断られる確率が高くなってしまいます。また、仮に処方して貰えたとしても、薬の成分量が全く変わってきてしまいます。具体的な数で言えば、4錠は飲まないとシアリスと同じだけの効果を期待できない事になります。

また、本来の用途と離れた使用方法をした場合は、副作用が出ても、保険の補助が出ないと言う欠点もあります。治療自体には3割負担の原則が出ても、国からの補助金などは全くでなくなるのです。4錠も飲んでしまうとシアリスの方が安くなってしまう可能性が高いので、割に合わないのです。

ED治療薬は保険適用外!通販には特に注意が必要

20151227-3-6

ED治療薬は保険が適用されない薬になります。ただし、保険がきかなくても医師にしか処方できないのがポイントで、通販で買えるものはほとんどが偽物なのです。流通ルートの裏付けが取れないものも多く、被害が出ても自己責任になってしまう場合が大半です。

どれだけ評判が良いように見えても、通販は避けるのが常識と言えるのです。また、ED治療薬のシアリスが保険適用になったと話題になったこともありますが、同じ成分の別の薬が保険適用になっただけで、ED治療薬と同じ量をとろうとするとかえって高くついてしまいます。結局はED治療のために専門のクリニックか泌尿器科に通うのが一番安全で、確実なのです。

ED治療薬は副作用や個人差が気になると言う場合は、精力剤やサプリメントを試すのも方法です。ED治療薬よりも副作用のリスクが少なく、値段も手ごろに始められます。精力剤やサプリメントが駄目なら初めて病院に行くという方法もあるのです。


精液を増やしたい方、勃起したい方必見!

精力ギンギン丸
勃起しないことに悩み続けた私だからこそ、あなたの悩みが痛いほど分かります。


精力剤ランキング
どれを選べば良いか分からないという方へ。風俗で313万円、精力剤で127万円以上使った、精力力ギンギン丸が選んだ精力剤ランキングはこちらです。


クラチャイダムゴールド
あの中学生・高校生のときの強力な勃起効果が得られるサプリメントです。健康サプリメントなので、副作用も無く安全です。直近のクラチャイダムゴールドのレポートはこちら
↓フル勃起が出来るクラチャイダムゴールドはこちら



海乳EX
精液が増える、セックス2回戦が可能、射精時が気持ちよいなどの効果が得られるサプリメントです。100万袋突破と、安全面でも保障されています。直近の海乳EXのレポートはこちら
↓亜鉛効果で精液が増える海乳EXはこちら
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】