2人に1人がED?40代の勃起不全の原因と対策とは?

20151212-1-1

40代になり勃起しなくなってきた気がするあなた!それは間違いなくED(勃起不全)です。でも40代だし早すぎるでしょと、あなたは考えているはずです。それは大きな間違いで、40代でEDになる人は多く、その割合は2人に1人になると言うデータもあるほどです。つまり、40代でEDに悩むのはあなた1人ではないのです。まだまだ仕事もできるし、若い人間にも負ける気がしない、でも夜の生活はと言う人は実は非常に多いのです。

ただ、可能であれば若い事の自分を取り戻したい、もっとSEXを楽しみたいと思いませんか?私ならば思います。私だって、40代で現役引退なんてしたくはありません。これからも、60歳になってももっと女の子とイチャイチャしたり、SEXを楽しみたいです。さらに言えば80歳になってもデリヘルを呼びたいです。あなたもそうですよね?80歳になってもSEXを楽しみたいですよね?

では40歳でEDになっても、再度勃起することは出来るのでしょうか?はい、それは可能です。40歳でEDになっても、再度昔の自分を取り戻し、昔以上の勃起を取り戻し、昔以上のSEXを取り戻しましょう。

40代男性がEDになる割合は本当に半分位なのか?

20151212-1-2

あなたは40代で約半分の男性がEDという情報を疑っていませんか?私は当初このデータを疑っていましたが、これは本当で、軽度のEDやED治療中の人も含めてこれだけがいるという統計となっています。

この統計は、EDの調査を行うと自覚症状のある人だけが回答しています。しかしEDの調査の実際は自覚の無い人、既にEDの治療をしている人もいるため、実際は約半数はEDという結果が導かれているのです。詳しく解説すると、40代でEDの自覚症状がある人、つまり本当に全く勃起しない人は全体の20%程度と言われています。 そして軽度のED、つまりたまに勃起すると言う人はEDだと申告しないのが現状です。EDと言っても症状の重さなどは全く違うため、本人に自覚が無い人が多いのです。ちなみに経度のEDは全く勃起出来なくなる予備軍のようなものですので、EDに含まれています。 また実際にEDの治療を受けている人はEDとは回答しません。何故ならば既に治っていると考えているからです。

全体的な統計からして40代でEDノ自覚症状がある人が20%ほどいて、他に自覚していない人が15%程度、EDの治療をしている人が15%ほどいる計算となります。つまり40代の人の全体の約半数、つまり50%がEDに該当していると言われているのです。

40代男性がEDになる原因は?

20151212-1-3

40代の男性がEDになる原因は、「男性ホルモンの分泌が減る事」と「精力に必要な栄養素(亜鉛)が失われやすくなること」と「病気」が理由です。

若いうちは体や筋肉を成長させるために成長ホルモンと男性ホルモンがガンガン分泌されます。男性ホルモンが分泌されると精子がガンガン作られます。精液が濃くなると、性欲も沸き、精力が増します。そのため男性ホルモンの分泌は精力のために欠かせない要因なのです。そのため男性ホルモンを運動などによって分泌を促す必要があります。

また精力に必要な栄養素である亜鉛をしっかりと吸収する必要があります。しかし、40代になると、体は必要以上の栄養素は不要という判断を下して、亜鉛などの精力の栄養素を体外に排出しはじめます。つまり40代になるとその体は、体自体を維持するだけになってしまうのです。そのため、精力の源となる栄養素(特に亜鉛)も外に逃げやすく、勃起をするほどの精力が残らないことが多くなるのです。逆に言えば、体の外に捨てられる以上の精力の栄養素を補給すれば、精力が高まり、EDが治る可能性も高くなります。

更に40代がEDになる原因は、精力が逃げやすいだけでなく、肥満や高血圧が原因になっている場合もあります。糖尿病はEDの原因になりやすい代名詞で、糖尿病にかかるとまず勃起力に影響が出ます。このような結果から、健康が勃起力に重要な事が良く分かります。勃起力を高め、EDを治療したいなら、健康な体を手に入れる事も意識することが大事なのです。

40代から始めるED対策で勢力は回復できるのか?

20151212-1-4

40代のED対策で必要なのは「運動」と「食事」と「健康」です。

運動をすることによって、男性ホルモンの分泌が高まります。つまり40代のEDの原因である男性ホルモンの減少を、運動によって解消出来るのです。そして男性ホルモンの分泌を高めて、精子を増やす必要があります。ただし、自転車等の運動は、股間の血流を妨げ、逆効果になる可能性があります。可能であれば、軽いジョギング、難しいなら階段の上り下りで運動を増やす等、日常で対策をしてくことも重要です。ちなみに特におすすめな運動はダンベル運動です。

また食事では肉や魚などの動物性たんぱく質を全くとらないと、食物繊維が増え、亜鉛の体外への流出を促します。そのため食事では肉や魚などの動物性たんぱく質の摂取を心がけ、食繊維とのバランスを取り、亜鉛を体外へ排出しないようにしましょう。そして牡蠣など亜鉛を多く含む食材を摂取し、亜鉛を多く摂ることにより精力を回復することが出来ます。

そして運動や食事をバランス良くすることによって、健康が保たれます。肥満や高血圧、そして糖尿病がEDの原因ともなっています。それらを防ぎ、健康な体を維持するために運動と食事をバランスよくしましょう。

また普段の生活からED対策に良いのは、タバコとお酒をやめる事です。統計からもタバコはEDの原因になるし、お酒もEDの原因になっています。

40代のED治療の選択肢と費用はどういったものになるか?

20151212-1-5

40代でED治療を受ける場合は、薬による治療がメインになる事が多くなります。男性ホルモンの投与などで治るケースも有りますが、どちらかと言えばバイアグラなどの勃起薬の方が40代のED治療としては勧められます。バイアグラなどの勃起剤を使用するほうが即効性があるからです。

治療を受ける場合は泌尿器科か、ED治療の専門クリニックを受診する必要があります。ED治療は保険適用が効かないため、基本的に高額になる事も多いのが特徴ですが、それよりもSEXが好き!夫婦関係を円満にするために!と熱心に通う人も多いのです。私も治療を受けたことがありますが、ED治療は薬代も非常に高価になります。1錠で1200円程度からで、効果を感じられる時間も薬によって大分かわります。40代で病院での治療は、診察費と一週間分の薬を貰えば、まず1万円を超えるのが普通で、効果に個人差や副作用もあるのが欠点です。ちなみに私も使用していましたが、あまりにも効きすぎてペニスが痛くてSEXどころでは無くなったので今では使っていません。だって痛いんですもの。

40代のED(勃起不全)の原因と対策まとめ

20151212-1-6

40代は年齢による体の衰えで、自然とEDになるケースが増えてきます。だからこそ、あの若かりし勃起力を取り戻すには努力が必要なのです。

重要なのは40代という年齢は、若い頃よりも男性ホルモンの分泌量が少なくなっていることと、亜鉛が逃げる量が増えていること、そして健康を意識することです。男性ホルモンは筋肉を動かす事、つまり運動で増やす事が出来ます。亜鉛は年齢で自然と体外に逃げやすくなる物質のため、食事で補う工夫が必要です。そして食事が植物系の物ばかりになると、食物繊維と一緒に亜鉛が外に出やすくなるため、肉や魚などの動物性たんぱく質を摂取することが重要です。また運動と食事をバランス良く行うことによって、健康を維持することが大事です。そしてタバコは避け、可能であれば飲酒も減らすのが大切です。

それでもEDが治らないようなら病院での治療となりますが、ED治療は保険がきかないため金額も高くなる場合が多いので注意が必要です。勃起力で有名なバイアグラも1錠1000円以上します。1錠で1000円以上です。病院によって値段が微妙に変わりますが、安くなることはまずないのです。

それでもダメならば、サプリメント・精力剤を使うと言う選択肢もあります。亜鉛や男性ホルモンを増やすサプリも数多くあり、副作用の心配もほぼないのが魅力です。40代以降もEDとは無関係の生活、現役『性』活をしたいなら、サプリメント・精力剤の活用も賢い方法なのです。


精液を増やしたい方、勃起したい方必見!

精力ギンギン丸
勃起しないことに悩み続けた私だからこそ、あなたの悩みが痛いほど分かります。


精力剤ランキング
どれを選べば良いか分からないという方へ。風俗で313万円、精力剤で127万円以上使った、精力力ギンギン丸が選んだ精力剤ランキングはこちらです。


クラチャイダムゴールド
あの中学生・高校生のときの強力な勃起効果が得られるサプリメントです。健康サプリメントなので、副作用も無く安全です。直近のクラチャイダムゴールドのレポートはこちら
↓フル勃起が出来るクラチャイダムゴールドはこちら



海乳EX
精液が増える、セックス2回戦が可能、射精時が気持ちよいなどの効果が得られるサプリメントです。100万袋突破と、安全面でも保障されています。直近の海乳EXのレポートはこちら
↓亜鉛効果で精液が増える海乳EXはこちら
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】