ヤバいよデブだと最悪EDに?太っていると勃起しない意外な盲点

20161115-01-04

最近勃起しにくいとうすうす感じているあなた!

少しご自身の体を見てください。最近太り気味ではないですか?

太っていると身体にとってさまざまな悪影響がありますよね。高血圧だったり、最悪、糖尿病だったりと良いことは基本無いですよね。そして更に悪いことにですね…

実はデブだと勃起に関しても悪影響があるってご存知でしょうか?

俗説では「太っている人のペニスは小さい」と言われていますが、これに関してもどうやら深い関係があるようです……。

それでは太っていると、なぜ勃起しにくくなってしまうのでしょうか?その謎をひも解いてみましょう。

勃起するため必要な3つの要素

20161102-01-01

それでは太っていると、勃起しにくいということの謎を究明してみましょう。ということで、勃起するために必要な、3つの要素を見てみましょう。

勃起を維持するためには以下の3つの要素が必要となります。

  • 脳からの信号
  • 十分な血流
  • 血流の保持

勃起するためにはこの3つが必要になります。そして以下の順番で脳から命令が行き、勃起するのです。

①脳からペニスへ勃起しろという命令の信号が送られる
②脳からの勃起信号によって、ペニスに十分な血流が体中から送られる
③ペニスに十分に血流が保持され勃起する

上記のメカニズムによって、勃起をすることが可能となるのです。しかしですね、太っていると大変なことに、血流が悪くなり、「脳からの信号」が伝わりづらくなり、「十分な血流」「血流の保持」が難しくなってしまいます。

つまり、デブだと勃起しづらくなってしまうのです。

20161125-01-02

謎を究明してみると、なるほどと納得してしまいます。

でも、実はこれだけが原因ではありません!

太ってしまうと性欲も無くなる?

20161115-01-03

実は太ってしまうと血流が悪くなって物理的に勃起しづらくなるだけでなく、性欲も無くなるのです。

具体的に言うと男性ホルモンの量が減り、性欲が減退するためムラムラしなくなる、つまり性欲がなくなり更に勃起しづらくなります。

メカニズムとしては、太っていると性欲を増進する男性ホルモンである「テストステロン」が、性ホルモンタンパク質と結合しやすくなり、結果的テストステロンは減少するのです。

そして、テストステロンが男性ホルモン結合タンパクと結合して、減少してしまうと精液が作られなくなり、精液が減るのに伴い、性欲が無くなります。その結果、更に勃起しづらくなるのです。

糖尿病になると勃起しづらいだけでなく最悪ED?

20161115-01-02

ただの肥満だけでもこれほどまでにペニスが立ちにくくなるのですが、更に最悪なことがあります。それが糖尿病です。

糖尿病になってしまうと、動脈硬化やインスリン不足によってEDになりやすいと科学的に証明されています。事実、多くの糖尿病の人はEDになっているのです。

つまり、太り続けていると次第に勃起しにくくなるだけでなく、本当に勃起しなくなってしまうのです

いつまでもセックスを楽しみたいと思うのなら、肥満にならない程度に脂肪を落として、血液の流れとホルモンバランスを整えるようにしましょう。

精力ギンギン丸
私もこの事実を知って、マジで焦りました(泣)毎日歩いてダイエットをしています。


精液を増やしたい方、勃起したい方必見!

精力ギンギン丸
勃起しないことに悩み続けた私だからこそ、あなたの悩みが痛いほど分かります。


精力剤ランキング
どれを選べば良いか分からないという方へ。風俗で313万円、精力剤で127万円以上使った、精力力ギンギン丸が選んだ精力剤ランキングはこちらです。


クラチャイダムゴールド
あの中学生・高校生のときの強力な勃起効果が得られるサプリメントです。健康サプリメントなので、副作用も無く安全です。直近のクラチャイダムゴールドのレポートはこちら
↓フル勃起が出来るクラチャイダムゴールドはこちら



海乳EX
精液が増える、セックス2回戦が可能、射精時が気持ちよいなどの効果が得られるサプリメントです。100万袋突破と、安全面でも保障されています。直近の海乳EXのレポートはこちら
↓亜鉛効果で精液が増える海乳EXはこちら
海乳EX【定期ロングバージョンバナー】


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする